水野祐さんの彼女は? 早稲田出身? ブログが炎上?

SPONSORED LINKS

水野祐さんの彼女はいるの?

こんにちは!
今日は弁護士 水野祐さんについて記事にしようと思います。

水野 祐さんは彼女がいるのでしょうか?
色々と調べていきたいと思います。

まずは、水野 祐さんの経歴、プロフィールから

1981年生まれ 
現在35歳
出生は神奈川県です。

ところで
『水野 祐』
名前を間違わずに、しっかりと読めますか?

『祐』 たすくと読みます。
何も知らなければ、ゆうと読んでしまいそうですね。

ちなみに品川庄司の品川の方は
品川祐でひろしと読みます。
全然関係ない話しですいません・・・・・

中学時代から、
普通の学生とは一風違っていたようでして
大学時代は法学部に通いながらも、
仲間とバンドを組んだり、映画の監督になり
自分たちで映画を製作していたとのこと。

現在の弁護士になる過程ですが、
2008年に司法試験に晴れて合格しました。
東京都内の弁護士事務所で下積みの勤務をした後に
2013年1月に現在の事務所が開設されております。

水野 祐さんが開設した事務所名は
『シティライツ法律事務所』

事務所の由来もとても、ユニークです。
憧れのアメリカの西海岸。
ここ西海岸で流行・文化などを発信している
サンフランシスコ内の「City Lights Books」を
参考に事務所名を名付けたようです。

弁護士

以下の3名のスタッフさんで運営しているようですね。

東京弁護士会所属
水野 祐さん
第一東京弁護士会所属
平林 健吾さん
東京弁護士会所属
倉崎 伸一朗さん

さて、水野祐さんのプロフィールが長くなってしまいましたので
気になる、彼女の存在を確認したいと思います。

まだ、現役バリバリで活躍されていますので
キレイな彼女に癒されているのかな?と
思っておりましたが

どうやら、ご結婚されております。
しかも、一児のパパさんでもあります。

クリエイティブな感性を持つ
異色の弁護士さん、だからこそ
家族の癒しが必要なんですね。

お酒もお好きなようですので
お仕事の事を忘れられる、ほんの一息が
美味しいお酒を飲んでいる時かもしれませんね。

水野祐さんは早稲田出身なのか?

さて、そんな異色の弁護士の水野祐さん
気になる出身大学ですが、

早稲田大学という噂もありましたが・・・
どうやら、慶應義塾大学の法学部出身らしいです。

この慶応の法学部出身者は
芸能人でも、かなりいるので驚きました。

まず、今は飛ぶ鳥を落とす勢いの
J Soul Brothersのダンサー
岩田剛典さん 

慶應義塾高校卒業を卒業後
慶應義塾大学法学部政治学科を卒業してます。

他にもお姉キャラ?で人気の
ミッツ・マングローブさん も慶應義塾高校卒業後に
慶應義塾大学法学部政治学科を卒業しております。

世界一企業であるトヨタ自動車の
豊田章男さん (トヨタ自動車社長)も慶應義塾高校卒業に
慶應義塾大学法学部卒業を卒業しております。
その後も海外のバブソン大学経営大学院修了が
最終学歴になっております。

タレントの
石坂浩二さん
慶應義塾高校卒業に
慶應義塾大学法学部法律学科を卒業されております。

個人的には
嵐の桜井翔さん
慶應義塾大学とはビックリしました。
経済学部卒業なんですけどね。

イケメンだし、面白いし、頭も良いと!

他にも数えきれない著名な方々がおりますが
ここでは紹介しきれないので
またの機会にしたいと思います。

SPONSORED LINKS

水野祐さんのブログが炎上したのか?

過激な発言をする水野祐さんですが
ブログが炎上した?との噂も・・・

この件で調査してみたいと思います。

水野祐さんのブログですが

水野祐(@TasukuMizuno)のブログ
というサイトを運営しております。
http://tasukumizuno.hatenablog.com/

タイトルには
弁護士ですが、「リーガル・アーキテクト」という意味での法律家というつもりで生きています。
と記述されております。

ブログ内を覗いてみますと
読んだ本の書評をしているようですね。

いろんな角度から切り込んでいるのが
印象に残りました。

海外で働く日本人を思うことも述べております。

その本の中で
スポーツ会で大活躍している
日本人は多いが、世界で活躍している
日本人はまだ、脚光を浴びていない。

フランスのレストランではこんな制度があるそうです。
現在、レストランが存在する場所でしか、レストランを開店することができない。
そのため、開店するには、約1億円の資金が必要である。

フランスでも、労働者の働く環境は保護されているが
週5日勤務が当たり前にしっかりと守られている。

食や料理が日本人が世界に通用する
近道ではないか?との記述がありました。

その点で、水野祐さんは、こう話しております。
(言葉は若干直しております)

知的財産権とはなぜ必要であるのか?
なんのために存在するのでしょうか?

ある一定の独占権を与えることで
インセンティブを与えさせ
(※インセンティブとは目標を達成させるための刺激のこと)

イノベーションを加速させる
(※全く新しい製品やサービスを生み出すこと。技術革新ともいう)
「インセンティブ論」と呼ばれる考えは
大きな曲がり角に立っているであろう。

食や料理はこのことを
深く考えるための格好の素材やレシピなのです。

以上です。

自分が考えるには
知的財産を扱う、異色の弁護士さんだからこそ
物だけではなく、食や空間、デザインなどにも
強く深く切り込んでいくことが
逆に強いメッセージとなり、
ブログが炎上したとの誤解も生まれたかもしれません。

東京五輪のエンブレム問題で
専門の水野祐さんが、一躍脚光を浴びたようですね。

海外の日本人のことを思う
日本人思いの水野さんだからこそ、
今後の活躍を期待したいと思います。

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。