稲葉ジャパン 試合速報 結果 2018 対 オーストラリア戦

SPONSORED LINKS

稲葉ジャパン 試合速報 結果 2018 対 オーストラリア戦

 

稲葉ジャパン第2戦が京セラドーム大阪にて試合がありました。
さっそく、稲葉ジャパンの試合速報・結果をお伝えいたします。

「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」(3月4日(日)京セラドーム大阪)

稲葉ジャパンの初戦はオーストラリア相手に完封勝利をし
投げては、ソフトバンク千賀投手の奪三振ショーで
3番柳田、4番筒香からも快音が聞かれました。

果たして、稲葉ジャパンの試合速報・結果
第二戦はどうだったのでしょうか?

 

日本6-0オーストラリア

 

 

第2戦の先発は楽天の則本。
昨日は千賀のアッパレな連続奪三振ショーでしたが
本当の三振王である則本らしい投球で

オーストラリア打線に凡打と三振を重ねて
終わってみれば、2回を投げて1安打5奪三振と
豪州相手に圧巻の投球を見せつけます。

則本からボールを手渡された2番投手の田口
3番手の堀から4番手の高梨までのサウスポーも
抜群の安定感を見せた投球となりました。

SPONSORED LINKS

打線の方は、きのう活躍したクリーンアップの快音は
本日聞くことはできませんでしたが
先頭バッターで、西武のリードオフマン秋山が3安打2打点。
2番日ハムで活躍する松本が2安打3打点と躍動をしました。

9番ソフトバンク今宮はホームへの走塁で、
キャッチャーがタッチをしていないことを
球審へアピールをして、しっかりと1点を加点した場面も印象に残りました。

5番手投手の石崎も150キロオーバーのストレートを披露し
豪州打線からは快音も消滅。
最終回は守護人、楽天の松井祐がマウンドに上がり
無死2塁のピンチも、後続をしっかりと抑えて

終わってみれば、
日本6-0オーストラリアと圧勝で
稲葉ジャパンに2勝目をもたらしました。

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。