バレーボールのチャレンジシステムとは?ワンタッチも分かるのか?

SPONSORED LINKS

バレーボールのチャレンジシステムとは?ワンタッチも分かるのか?

こんにちは。
日本バレーが熱い季節がやってまいりました。

最近、耳慣れないこの言葉を聞く機会が多いと思います。

それは『チャレンジシステム』という言葉です。
バレーの試合でも、ワンタッチかどうかの際どい判定も多いですよね。


スポーツの世界では、審判の判定が絶対に
なりますが、誤審のために試合の流れが変わってしまい
負けてしまった試合も多いと思います。

今日はこの『チャレンジシステム』という
意味を調査してみたいと思います。

バレー

チャレンジシステムとは、言葉のように
挑戦できるという意味合いで
審判の不明瞭な判定にビデオ判定を
要求できることを言います。


バレーだけでなく、プロ野球など
幅広いスポーツで使用されているようです。

最近では、Jリーグなどでも使われておりますね。

ここでのポイントは
ビデオ判定であるということ。

数年前から、あらゆるスポーツで導入されています。

人間の目は間違いもありますが
ビデオなら、間違いはないですからね。
各スポーツで違いがありますが
バレーでは、およそ10台ほどのカメラで
あらゆる角度から、プレーの判定を録画しております。

審判も、チャレンジシステムを要求された場合は
冷や汗ものかもしれません・・・

そこで、不明瞭な判定といっても
具体的には、どこを指すんでしょうか?

下記の5点が主に含まれます。

○タッチネット

○ボールのインやアウトの判定

○ボールへのワンタッチがあったか、どうか?

○バックアタックやサーブのライン踏み倒し

○ボールのアンテナ接触があったか?

ここで、知っておいてほしいことが
あります。

それは、何度もチャレンジシステムができないということです。

SPONSORED LINKS

具体的には1試合のチャレンジシステムができる権利は
1セット2回までになります。


チャレンジシステムの要求が
無事に通り、成功すれば
回数は消費しませんが
失敗すれば、回数の消費はあります。

このことから、これは確実に誤審だ!!
と思われる時意外には、要求しない方が良いですね。

世の中は常に進歩しております。
いくら審判といっても人間の目では限界があるはず。

誤審で、両チームとも
イヤな思いをしないように
このような最新鋭なシステムは
有効に使い、今後も面白い試合展開を期待しております!

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。