北海道七飯町の山に置き去りされた男児 発見された真相や残された謎について・・・

SPONSORED LINKS

北海道七飯町の山に置き去りされた男児 発見された真相や残された謎について・・・

北海道七飯町の山に置き去りされた男児の情報

北海道七飯町で田野岡大和君は
小学二年生でした。

一時は7歳という幼い年齢と
警察犬の反応が全く無いという情報により
生存は絶望的との噂も流れておりましたが

実際には直線距離でわずか数キロという
近い距離で発見されました。

発見された場所も、
捜索に加わった自衛隊のおひざ元の
駒ヶ岳自衛隊演習場
だったという
驚きの場所で発見されました。

発見された建物の中は
マット等が入っており、
このマットを使い大和くんが寒さをしのいだです。

この地域では、早朝の気温は
グッと下がり最低気温が5℃近くなることも・・・

まさに、全てが上手にかみ合った
奇跡の出来事でした。

nazo

七飯町の山に置き去り後、発見された真相や残された謎について・・・

警察から全く、手がかりになる情報もなく
一時は、絶望的なことも想像されておりました・・・

このような、奇跡の生還でしたが
何か、不思議な発見のされ方であり
多くの謎も残りました。

まず、行方不明から約1週間が経過しておりましたが
幼い子でありましたが
人間が1週間、水だけで生き延びることはできるのでしょうか?

この疑問ですが、
水があれば、人間は1か月程度も生き延びることが
実証されております。

これは、個人差が大きくありますので
あくまで目安になりますが
最長は約1か月ですので
1週間ほどなら、十分生きられるようです。

大和くんが発見された謎について

ここで、大きな謎もあります。
大和くんが発見された場所は
直線距離で数キロと比較的に近い
距離でしたが、有刺鉄線がはりめぐらされた
自衛隊の演習場にわざわざ入るのでしょうか?
また、入ることはできるのでしょうか?

SPONSORED LINKS

このことについて考察してみたいと思います。

父親とはぐれてから、車が走り去った
場所から反対方向に歩いたという大和くん。

時間にしておよそ、5時間も
夜道を歩いたということです。
暗い夜道を、一人で5時間も歩くことは
可能なんでしょうか?

この2点の謎ですが、
信憑性もあるといえば、あるし
誰かが、大和くんを車に乗せて
自衛隊の演習場に降ろしたとも考えられます。

しかし、まだ小さい大和君は
大人の常識とか、概念というものが無く
お父さんに怒られたが
納得がいかず、反省するどころか
逆に反発の態度として
わざわざ逆の道を歩いたとも考えられます。

夜道を5時間も歩くということも
できるといえばできるし
できないといえばできないとも言えます。

ある意味、常識という概念がないために
突拍子もない行動をとったと考えられます。

これから大和くんへの
聞き取りも始まり、新たな証言も出てくると考えられます。

果たして、すべては真実ななのか?
明らかになる日も近いようです。

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。