【こどもの日】 由来や意味を知っていますか?

SPONSORED LINKS

こんにちは。
もうすぐ、待ちに待った大型連休の
ゴールデンウィーク がやってきます。

男の子がいるお家では
五月人形の兜(かぶと)や鎧(よろい)を飾ったり

庭には、大きなこいのぼりを出す
お宅もあるでしょう。

kodomo1

せっかくのゴールデンウィーク くらい
どこか遠くに出かけたり
外で思いっきり遊ぶことも大切ですが

ゆっくりできる
この時期だからこそ、ふと疑問に思ったことを
ゆっくり考えてみるのも良いことですね。

さて、ゴールデンウィーク 中にある
5月5日の【こどもの日】ですが

あなたもこどもの時から、
パクパクと柏もちを食べたりして・・・(笑)
何度も経験してるはずですが

意味や由来をしっかりと
こども達に簡単に説明することはできるでしょうか?

そこでいい機会ですので
もう1度、おさらいをしてみましょう!

こどもの日は5月5日で
別名【端午の節句】とも言われます。
歴史は古く奈良時代から続いています。

端午の端は、端(はし)とも読みます。
端の意味は、物事の初め、部分や順序の1番目という意味合いもあります。

端午とは
月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味であり
5月に限ったことだけではなかったようですが、

しかし、午と五が
同じ【ご】という読み方をすることから
毎月の5日を指すようになり
やがて5月5日になったとの説があります。

やがて、時が流れて
江戸時代に入り、貴族から武家に
勢力は移りました。

kodomo2

ここでも菖蒲(しょうぶ)の読み方が
尚武(しょうぶ)と同じことから
※他にも勝負(しょうぶ)に勝つ!という説もあります。

【端午の節句】から【尚武の節句】として
武家の間で盛大に祝うようになりました。

武家で出生した、後継ぎの男の子が
健やかに育つように願いを込めて

戦で使用していた、
身を守る大切な道具類の
兜(かぶと)や鎧(よろい)を
この時期に飾るようになったとも言われています。

今では戦争がない、平和な世の中になりましたが
兜(かぶと)や鎧(よろい)を飾ることが
ケガや病気などから守ってくれるという
願いも込められているようですね。

SPONSORED LINKS

もうひとつの
疑問も解決してみましょう。

同じ時期に
なぜ?こいのぼりを飾るのでしょうか?

こいのぼりの歴史も古く
江戸時代にまでさかのぼります。

こい(鯉)はキレイな川で泳いでいる
イメージが強いですが
実際は、池や沼でも長く生きられるとても強い魚です。

そんな強い鯉(こい)が
急激な川をグイグイと昇っていき
やがて、鯉が竜になり天まで昇るという
中国から来た伝説の話しから来たようです。

そんな生命力の強い鯉(こい)と
生まれた男の子を重ねあわせて
どんな困難も乗り越えて
立派に育って欲しいという願いも込められているようですね。

余談になりますが
自分の小さい頃から
当たり前のように飾られていた兜(かぶと)や
庭先に出してくれた大きなこいのぼりが

こどもの立派な成長を願ってくれた
遥か昔から続く、温かい親心で
あったことに、とても胸が熱くなりました。

こんな立派な意味がありますので
ぜひ、男の子がいるお宅は
今回の記事の内容を話してやれば
また、親子の絆がグッと深まるかもしれませんね^^

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。