プロ野球日本シリーズ結果2016【速報】広島カープ対日本ハム

SPONSORED LINKS

プロ野球日本シリーズ結果2016【速報】広島カープ対日本ハム

プロ野球日本シリーズ2016【広島カープVS日本ハム】
過去の試合中継や結果速報(セリーグ・パリーグ)をお伝えします!

レギュラーシーズンを勝ち抜いた
セリーグ・パリーグの覇者
CS(クライマックスシリーズ)も順当に勝ち
日本シリーズ での対決となりました。

セリーグは25年ぶりに日本シリーズ進出を決めた
赤ヘル軍団こと【広島東洋カープ】

一方、パリーグは165kmの日本最速投手の大谷を抱える
北海道日本ハムファイターズとの
レギュラーシーズン1位通過と
CSシリーズも制した同士の対決となりました。

北海道日本ハムファイターズが10年ぶり3度目の日本一!!

初戦はセリーグの広島東洋カープ本拠地の
マツダズームズームスタジアム広島にて
2016年10月22日(土)に開催されました。

試合結果は

広島カープ 5 - 1 日本ハム

と広島が真っ赤に染まったホームで
大事な初戦を勝利で飾りました。

広島先発はC初戦でも勝ち星を挙げたジョンソンと
相手日本ハムはエース大谷の投げ合いとなりました。

雨が降る中の試合開始となりましたが
チャンスは2回に訪れます。

1アウト1・3塁の場面で石原の三振のスキに
神ってること3塁にいた鈴木誠也が
ダブルスチールを決め広島が1点をなんなく先制します。

その後、4回には日ハム大谷が崩れはじめました。。。
ランナーこそいませんでしたが
この日4番に座った松山と5番エルドレッドに
それぞれソロホームランを浴び2点を失います。

4番に座った松山は過去に大谷からホームランを放ったこともあり
試合前にはピッチングマシンを通常より近づけて
大谷の超速球に対応する練習をしていたようです。

これは、緒方監督が大谷が登板することを計算に入れ
4番新井ではなく、4番松山を起用した
超ファインプレーと言えるでしょう。

また、5番に座ったエルドレッドも
過去に大谷からホームランを放っており
まさに、広島カープの作戦勝ちとも言えるのではないでしょうか?

7回には日ハムレアードの
ソロホームランにて1点を返しますが
その後も広島カープは攻撃の手を緩めません。

7回には本日絶好調の丸による適時打で
2点を追加して、計5点をあげて日本ハムを突き放します。

7回には先発ジョンソンが降板しましたが
その後ジャクソンから中崎と勝利の方程式通り
日ハム打線を沈黙させて、終わってみれば
5-1でパリーグ王者から初戦を勝ち取りました。

【考察】

日ハムはエース大谷で初戦を落としたショックは大きいと感じます。
おそらく大谷は、ドーム球場などの雨天に影響されない
登板が多く、今回のようなグランドが濡れているコンディションは
想定外であったと思われます。

大谷だけではなく、地元広島で中学時代まで過ごした
4番の中田がチャンスでことごとく凡退していたのが気になりました・・・

しかし、まだ初戦が終わったばかりです!
日本シリーズは先に4勝したチームが優勝なのですから
まだまだ、優勝の行方は分からないと思います。

明日の第2戦を見守りたいと思います。

第2戦の結果

広島カープ 5 - 1 日本ハム

第2戦は広島カープは
今シーズン最高勝利数の野村。
一方、日ハムは右腕の増井で対決されました。

同点で迎えた6回裏の攻撃で運命はわかれました。
CSから絶好調の1番田中が二塁打で出塁すると
続く菊池に意表をつくバスターを決められて
レフト前へのヒット!

このヒットで2塁から一気にホームを狙った田中が
まさかのタッチアウトでしたが
この判定に猛抗議をした広島カープ緒方監督から

日本シリーズ史上初のビデオ判定が
アウトが覆り、セーフになりました。

その後は日ハム増井がまさかの
動揺をよび、バント処理を悪送球してしまい
傷口を広げてしまいます。。。

これで流れは、一気に広島カープへ傾きます。

その後は、絶好調のエルドレッドが
二試合連続のホームランを放つなど
終了してみれば、昨夜と同じスコアである
5-1で広島カープが勝利をおさめたのでした。

第3戦の結果

広島カープ 3 - 4 日本ハム

広島が2勝をして、1日の移動日をはさみ
日本ハムのホームである札幌ドームで第3戦は開催されました。

すでに引退表明をしている黒田が先発マウンドにあがります。
対する日ハムは有原が先発します。

試合が動いたのは初回からでした。
今シリーズ初めて日ハムが先制をします。

黒田が1アウトから近藤と大谷に連打を浴び
1アウト2・3塁と得点圏にランナーを進めます。
次のバッターは4番中田。

中田はショートゴロに倒れましたが
その間に日ハムが1点を先制します。

その後、広島もすぐに反撃をします。
ランナーを一人置いて、今シーズン絶好調のエルドレッドが
ライトスタンドへの3戦連発となるホームランを放ち同点とします。

その後は両投手のナイスピッチングにより得点を許しません。
6回にはここまで好投した広島の先発黒田が足に違和感を感じ
大事を取りマウンドを降ります。

その後、舞台を先に動かしたのは先制した日本ハムでした。
8回裏の攻撃で2アウト1・2塁から、4番中田のレフトへの2塁打で
逆転に成功します。

しかし、ここで終わらないのが今の広島カープです。
次の9回表ノーアウトから
日本シリーズではいまいち波に乗れていない鈴木が3塁打を放ちます。

その後2アウトまで追い込まれましたが、
日本シリーズでは当たりが出ている安部の適時打が出ます。
これで広島が1点を返して、3-3の同点になり
9回裏は日ハムも得点が入らず延長戦に突入します。

最後に劇的なドラマが待っていました。
10回表は広島は得点が入らず、10回裏の日ハムの攻撃でした。
2アウト2塁で打席には指名打者大谷。

大谷は広島の抑え大瀬良から
ライト前にサヨナラヒットを放ち
日本ハムがホームで1勝をあげました。

第3戦を終えて
広島が2勝1敗、日本ハムが1勝2敗と
両チーム第4戦に挑みます。

npb2016

第4戦の結果

広島カープ 1 - 3 日本ハム

前日はホームで初めての1勝をあげた日本ハムでしたが
今日も勝ち星をあげ広島との対戦成績は2勝2敗と振り出しに戻しました。

第4戦は広島は岡田、日ハムは高梨と共に
ルーキー投手の先発となりました。

試合が動き始めたのは4回表。
日ハムの驚くようなエラーで失点を許します・・・

このエラーで流れが広島に傾くと思われましたが
今シーズンに首位ソフバンとの10ゲーム差をひっくり返した日ハムでした。

6回裏には、北海道に戻ってから、調子を取り戻した
4番中田の特大ホームランで同点とします。

その後は、日ハム、広島ともに
継投策でなかなか点が奪えない展開に。。。

その均衡を破ったのが、アウェイの広島スタジアムでも
調子が良かったレアードでした。
中田が四球を選び、2アウト1塁から
ライナーの当たりをそのままスタンドに運びます。

このレアードのホームランで
日ハムが逆転をし、9回表には広島も2アウト満塁ながらも
チャンスをつくりましたが、最後のバッター丸が三振で倒れて
日ハムが2勝目をあげました。

SPONSORED LINKS

第5戦の結果

広島カープ 1 - 5 日本ハム

日本ハムホームである札幌ドームでの日本シリーズ第5戦目は
劇的なサヨナラ満塁ホームランが飛び出して、
日ハムが2連敗後に3連勝して、王手をかけました。

10月27日(木) 日ハムのホームである
札幌ドームで昨日より30分早い18:00よりプレイボールとなりました。

今日は初回から試合が動きます。
1回表広島の攻撃、先頭の田中がセンター前ヒットで塁に出ます。
その後1アウト後に丸が同じくセンター前に打ち返して
1アウト1塁3塁とチャンスを広げます。

続く4番エルドレッドが凡退しましたが
5番鈴木誠也がピッチャー強襲のセンター前に
ヒットを放ち広島が先制をします。

その後、日ハム先発の加藤が下位打線の下水流に
あわやホームランか?というスタンドフェンス際への2塁打と
1番田中にもフォアボールを与えて
日ハムベンチは早々に加藤を降板させて、
メンドーサに切り替えます。

このメンドーサと初戦で勝ち星をあげた
広島先発ジョンソンが素晴らしいピッチングを披露して
お互い6回までは得点が入りません。

広島は7回から好投したジョンソン➡今村に交代をします。
フォアボールと中島のレフト前ヒットで1アウト1塁三塁になります。

ここで、1番に座る岡が浅めのセンターフライをあがります。
3塁からホームを狙った田中賢がタッチアップをし
丸のホームへの返球も素晴らしかったのですが、
田中の好走塁により日ハムが1点を返し、1-1の同点として試合を振り出しに戻します。

その後、両チーム無得点のまま
試合は9回裏の日ハムの攻撃でした。

広島の絶対的な抑えである中崎がマウンドにあがりましたが
中島にフォアボールや続く1番バッターの岡に
デッドボールを与えてしまい、球場内は一時騒然とします・・・

その後、昨日まで1番だった、2番西川が打席に立ちます。
今回の日本シリーズで18打席ヒットがありませんでしたが
9回裏の中崎が投じた2球目を完璧にとらえて
満塁サヨナラホームランでゲームセットとなりました。

これで、先に2勝した広島ですが
敵地で3連敗をしてしまい王手をかけられて
ホームの広島に帰ります。

第6戦は2戦目に好投した野村が先発のようです。
広島が意地を見せるか?
非常に楽しみな試合になると思われます。

第6戦の結果

広島カープ 4 - 10 日本ハム

移動日を1日挟んで10/29(土)に
マツダズームズームスタジアム広島に戻ってきました。

対戦成績は日ハムが3勝して日本一に王手をかけ
広島も2勝ですので、この試合を勝ち逆王手をかけるべく試合に臨みました。

第6戦は初回から試合が動きます。
日本ハムからの攻撃でしたが、前の第5戦でサヨナラ満塁ホームランを放った
1番西川が第1球目を積極的に狙い、先発野村から右中間への3塁打を放ちます。

その後、岡がショートへの内野安打?というべき当たり(記録はヒット)で
日ハムが1点をなんなく先制します。
その後もノーアウト1塁2塁とピンチが続きましたが
野村が踏ん張り、この回は1点のみに抑えます。

しかし広島も黙っておりません。
2回裏に先頭の松山がセンター前ヒットで1塁に出ます。
その後、鈴木誠也の2塁打でノーアウト2塁3塁とチャンスを広げます。

先発ピッチャー増井が少し動揺したのか、ワイルドピッチの間に
3塁松山がホームインし同点とします。
その後も、バッター石原の強い当たりを
3塁のレアードがトンネルをしてしまい
広島がもう1点を追加して逆転に成功します。

続いて4回表の日ハムの攻撃です。
レアードのショートゴロを田中の処理エラーなどで
1アウト2塁1塁とします。

続く田中賢の右中間への当たりの間に
近藤がホームインをして日ハムが2-2の同点とします。

しかしその後、野村が前試合サヨナラ満塁打を放った
西川につかまります。
ライト後ろへ大きく超える、
この日2度目の3塁打を放ち日ハムが2点を追加して
広島に2点差をつけます。

続いて5回裏2アウトランナーなしからでした。
3番丸がライトスタンドへソロホームランを放ち
4-3と広島が1点差に迫ります。

広島が次の回も意地を見せます。
ノーアウトから先頭の松山がセンター前ヒットで出塁します。
続く鈴木誠也がフォアボール選んで
ノーアウト2塁1塁とチャンスを広げます。

続いて送りバンドの後に下水流が
ショートへの内野安打で広島が同点に追いつきました。

そして悪夢の8回が訪れます。
ピツチャーは広島が絶対的に信頼を寄せる
抑えの方程式のジャクソン。
しかし、日本シリーズはいまいち調子がのりません。。。

2アウトを取りながらもヒットとフォアボールから
満塁にしてしまいピンチを広げます。
ここで4番の中田を迎えます。

ネクストバッターサークルには大谷が・・・

ここでジャクソンが動揺したのか?
中田にストレートで押し出しのフォアボールを与えてしまい
日ハムが逆転に成功します。

続いて次のバッターには大谷ではなく、
ピッチャーのバースが入ります。

ここでも、ジャクソンが動揺したのか・・・
ピッチャーのバースにセンター前ヒットを打たれて
さらに1点を追加されてしまいます。。。

そして次のバッターは
日本シリーズ絶好調のレアード。
2アウト満塁から、ジャクソンからレフトスタンドへの
グランドスラムの満塁打を放ち、試合を決定づけました。

その後は、広島も反撃できず
日ハム抑えの谷元が最後のバッター菊池をセカンドフライで打ちとり
北海道日本ハムファイターズが10年ぶり3度目の日本一に輝きました。

さいごに・・・

広島ナインも日ハムナインもお疲れ様でした。
広島スタジアムが盛り上がる様子を見て
日本一は広島だろうと予想してましたが

最後には、力の差や監督の采配が出てしまったと感じます。
特に印象深かったのが、8回表に満塁で中田の打順でした。

ネクストバッターサークルに大谷を
作戦として置かせた、栗山監督の名采配につきるでしょう。

明らかに、ピッチャーのジャクソンは動揺していましたから。。。

ここで、、ピッチャーを変えていればと思いましたが
広島緒方監督の信頼があってのジャクソンでしたから
交代させる気はなかったでしょう。

個人的には7戦目までもつれて
黒田と大谷の試合を見たかったですが
勝負の世界ですから思うようにはいきませんね。

大谷はメジャーへ
黒田はユニフォームを脱ぎますが
2016年の日本シリーズは非常に記憶に残るシーズンとなりました。

来年の2017年も楽しみにしています!
ありがとう!日ハム、広島ナイン!

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。