ASKAタクシー映像【動画あり】テレビ局謝罪会社名? ドライブレコーダー内容特定も

SPONSORED LINKS

ASKAタクシー映像【動画あり】テレビ局謝罪会社名? ドライブレコーダー内容特定も

覚せい剤で再逮捕されたASKA(アスカ)さんの
ドライブレコーダーの内容と映像がYouTube等の動画で公開され
タクシー会社名も特定され(チェッカーキャブ)謝罪し
放送したテレビ局も含め大きな問題となっております。

これはASKA被告が逮捕される3時間前の映像
TVで公開され波紋を呼んでおります。

ASKA被告が
『家の近くには報道陣がいるから近くで降ろしてくれ。』

などのやり取りを、
タクシー会社 のドライバーとやり取りしている内容を
ドライブレコーダーで録画した内容
テレビ局 が放送したものです。

この動画を自分も見ましたが
明らかにこの映像は、盗撮というか
個人のプライパシーの問題を超えており

いくらASKA被告が逮捕されたといえ
この映像をテレビ局に持ち込んだ罪は大きいと考えらます。

さすがに世間からの声が届いたのか?
無線タクシー会社の
チエッカーキャブは
ホームページ上で謝罪の文章を発表しております。
http://www.checker-cab.co.jp/infos/view/26

本来ドライブレコーダー
事故などが発生した時に
発生原因や過失の割合などを
記録として残っている映像を解析するために
使用されていると思われます。

しかし、実際にはASKAさんのケースのように
車内のプライバシーが全国ネットで流れてしまう危険性もあります。

ある配送会社のドライバーなどでは
勤務時間及び休憩時間まで
会話や態度などもドライブレコーダーで
管理されていると聞いたことがあります。

SPONSORED LINKS

非常に便利な世の中になりましたが
常に誰かに監視されているのが不気味でなりませんね…

尚、ASKA 被告から申し立て等があれば
今回の件はBPO(放送倫理 番組向上機構)の方で
問題になる可能性もあるようです。

おそらく、ASKA 被告は
盗撮や盗聴の本を執筆中だった為に
今回のケースはおそらく申し立てをするのでは
ないかと考えられます。

執行猶予中に覚せい剤を使用した疑いが強まり
逮捕まで発展してしまいましたが
ASKA 被告の展開を今後も見守りたいと思います。

SPONSORED LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。